2010年01月28日

鉱山の町ポトシ

ウユニ・リベンジの感動も冷めやらぬうちに
再びポトシへ戻ってきました。
標高4,070mに位置し、
人が住む町としては世界最高地点だそうです。
ここもまた世界遺産。

↓ウユニ〜ポトシ間のバス車内にて
 しばしこの子の枕役
RIMG0413#.JPG

しばらくぶりに標高の高い土地に来ると
やっぱり少し呼吸が苦しい感じがします。
坂を少し上がっただけで息が切れる…。

しかしボリビアはっ、
宿も高くたって500円しないし、
タクシー乗ったって100〜200円程度。
食堂でも値段聞かずに注文できちゃう。
やっぱこういう国が気楽でいい。
こっからブラジルに入ると
分かっててもびっくりするだろうなあ。

ポトシはそんなに大きな町じゃないです。
一応コロニアル風なのかな。
カテドラルと広場があるし。

↓ポトシのカテドラル
RIMG0415#.JPG

↓こういう町の雰囲気、久しぶりかも
RIMG0417#.JPG

この町はかつて鉱山開発で栄え、
今は資源が枯渇しつつあるものの、
現在でも多くの抗夫が主に手掘りで作業をしています。

観光のメインはやはりその鉱山見学でしょう。
ってことで行ってきました。

↓ツアー序盤、ポトシ全景を俯瞰
RIMG0426#.JPG

実際に働いているところへ見学に行くので
抗夫の人たちにお土産を買っていくのが通例です。
お土産はコカの葉、たばこ、ジュース、アルコールなど。

↓アルコール純度96%
 これを飲むらしい…
RIMG0422#.JPG

そして同じ商店でダイナマイトも売ってる…。
それを購入して発破のデモンストレーションも見れます。

↓ダイナマイトをセットするガイド
RIMG0434#.JPG

発破はまあまあの迫力でした。
で、いざ鉱山へ。

↓入口付近で働く少年たち
 14歳&15歳だそう
RIMG0440#.JPG


坑道内は当たり前ながら暗く、狭い。
標高が高い上に閉塞空間で、
何といっても粉塵がすごい。
ここで働く抗夫の多くがやはり短命だそうです。

↓トロッコを押す坑夫
RIMG0444#.JPG

時折遠くに発破の音を聞きながら
非常に足場の悪い梯子を、
息を切らせながら登ったり降りたり。

↓最深部で作業する抗夫たち
 ここの粉塵は半端じゃない…
 ちょっとの間覗いて、すぐ退散しました
RIMG0451#.JPG

最後に「Tio」にご挨拶。

↓「Tio」
RIMG0453#.JPG

「Tio」ってのはスペイン語で「おじさん」って意味ですが、
ここでは鉱山の安全を守る神様です。
神様というより悪魔のようですが、
これはスペイン人を鬼に見立てたものだという説があるようです。
この神様にたばこや酒を捧げて、
作業の安全を祈願するのだそうです。

以上で鉱山見学ツアーは終了。
観光というより社会見学といった感じで
かなり興味深い内容のツアーでした。

↓帰り道で
 中央市場の近くでフィエスタしてました
RIMG0459#.JPG

↓今日のCerveza en Potosí
 POTOSINAだって…
 あんまり好きじゃなかった…
RIMG0420#.JPG


明日再びサンタ・クルスを目指します。
それにしてもボリビア人ってこんなに感じ良かったかな?
ポトシの人がいいのかな。

posted by Yoshimochi at 08:06| Comment(6) | ポトシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

ウユニ・リベンジ!!!

ウユニ塩湖…。
ボリビア中央西部、標高約3,700mの地に
約12,000kuにわたって広がる塩の大平原。
乾季には辺り一面真白な世界が広がり、
雨季に雨が降れば、類をみないほど水平で広大な大地に水が溜り
天地の境目が分からなくなるような
鏡面世界が誕生するとかしないとか。

出発前からこの旅で行ってみたい場所の筆頭で
ちょっとした憧れの地でした。
(ちなみにこのブログのタイトルバックの画像も実はウユニ塩湖)


昨年11月にちょっと残念な思いをしたので2度目の訪問。
とにかく戻ってきてよかった!
もう言葉はいらない。
まさにBuena Vistaでした!!


↓鏡張り!!
RIMG0275#.JPG

↓映ってるで!!
RIMG0279#.JPG

↓もいっちょ!!
RIMG0292#.JPG

↓ランクル疾走!!
RIMG0302#.JPG

↓魚島から
RIMG0316#.JPG

↓赤が映えるってことで
 パラグアイ代表(?)のエースナンバーを背負って
RIMG0325#.JPG

↓ちょっとはしゃいだ
 あたま切れとるけど…
RIMG0329#.JPG

↓ちょっと乾いてるとこもあって
 真っ白の世界も見れちゃった
RIMG0348#.JPG

↓塩のホテルも逆様
RIMG0354#.JPG

OneDayツアーやったけど、
夕陽までは待ってもらうように交渉してあったので…。

↓夕暮れが近づき
RIMG0362#.JPG

↓そして夕暮れ
RIMG0403#.JPG


ウユニまでの道のりを振り返ると…、
アスンシオンを出てサンタクルスまで結局約24時間。

パラグアイ内はエアコンだったのに
ボリビアに入るとなぜか皆窓を開けて疾走。
パラグアイのイミグレはかろうじて小屋だったけど、
ボリビア側は屋外やったしな…。

バス車内や街中で流れている
品のないPOPソングやフォルクローレが
なんか戻ってきたって感じでした。

サンタクルスに着いたその日は
スクレやウユニ方面のバスはもうなかったので1泊して
翌日(23日)16時発でスクレ経由ウユニ行きバスに乗ったけど
パンクやら何やらでスクレ着予定(8時)が遅れて
12時過ぎに着いてしまい、ウユニ行きへの乗り継ぎができず。
差額を払い戻ししてもらって、
とりあえずポトシまで3時間かけて移動。

ポトシに着いたら雨で、「これはもしかしたらウユニも!?」と
思ってポトシには泊らずさらに乗り継いでウユニへ。
ようやくウユニに着いたのは25日深夜3時でした…。

やっぱりウユニも雨が降ってたので、
翌朝晴れてたら早速ツアーに申し込もうと思ってたら
なんとその通りになりました。

ポトシの雨を見て、泊らずに移動した判断が大正解でした。

ウユニで雨待ち数日も覚悟してきましたが
着いた翌朝(当日!?)には鏡張りウユニが見れちゃって
移動続きでちょっとしんどかったけど、
頑張って良かった!!


ということで、ウユニ・リベンジ完遂!!!


↓最後にもういっちょ!
RIMG0332#.JPG

posted by Yoshimochi at 08:21| Comment(6) | ウユニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

首都アスンシオン

パラグアイの首都アスンシオンに来ました。

首都、なのに何もないね、この街は。
小さいし。

しばらくぶりに完全に一人旅に戻りました。
とにかく有名な「ホテル内山田」で骨休め。
ビジネスホテルみたいな感じで
久しぶりのシングルルーム!
1泊US$15とチョイ高めだけど、
現金払いなら10%ディスカウントになるし
和食の朝食付きだし、なかなか良いですな。

↓ホテル2階のレストラン「SUKIYAKI」にて
 地球の歩き方でお勧めされてたので
 ちゃんぽん食べてみた
 本場のちゃんぽんは知らないけど
 少なくともリンガーハットには負けてないな
RIMG0185#.JPG

↓噂の和朝食
RIMG0186#.JPG


一応街もぶらぶらしてみました。

↓立派な大統領官邸
RIMG0214.JPG

↓大統領官邸や国会の裏手、河との間に広がるスラム街
RIMG0192#.JPG

国会とかプラザとかもあるんだけど
写真撮ってもたいしたもんじゃないので載せません。

それとメルカド4という商店街を冷やかし。

↓こんな感じ
RIMG0200#.JPG

↓そしてこんな感じ
RIMG0201#.JPG


バスターミナル行ってチケットを買ってきたので
明日サンタ・クルスへ移動します。

posted by Yoshimochi at 06:33| Comment(2) | アスンシオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

イグアスの滝!!

再びアルゼンチンへ入国しました。
シウダー・デル・エステからブラジルをスルーして
プエルト・イグアスへ。
世界3大瀑布の一つ、イグアスの滝観光の
アルゼンチン側の拠点の町です。

で、早速行ってきましたよ。

朝はあいにくの曇り空。
園内はしっかり整備されていて
人もいっぱい。
そんな中、まずは悪魔ののど笛を目指しました。
滝の近くまで行くとしぶきが雨のようです。

↓センデロの上から滝発見
RIMG0053#.JPG

↓もっと近づくと…
 この辺が悪魔ののど笛ってやつらしい
 水量が多くて大迫力!はいいけど
 多すぎて下の方はもう何も見えない
RIMG0064#.JPG

次は滝を下の方から見ることのできるセンデロへ。

↓歩き始めてすぐ巨大あり発見!
 2cmくらいはあります
RIMG0090#.JPG

↓オオトカゲ(?)も
RIMG0098#.JPG

トレイルを歩いていると
他にも蜘蛛やアナグマ、それに数種の蝶を見かけました。
それにトゥカンも。

↓背番号88
RIMG0165#.JPG

滝の下からボートに乗って滝つぼに突っ込む
アトラクションがあり、もちろんそれに参加しました。
そのために水着で来てるし…。

荷物を防水バッグに入れ、ボートに乗り込み
約15分、滝つぼに突っ込むこと計3回。
やっぱり間近で見る滝はさらに大迫力でしたが、
息もできないほど水をかぶる瞬間もあって
全身びしょ濡れ…。

↓上陸してすぐ、滝前で記念撮影
 びしょ濡れ感があんまり伝わらない…
RIMG0126#.JPG

そんで最後は滝の上から見るセンデロへ。

↓ここからの景色が最高でした
 天気も良くなってきたし
RIMG0160#.JPG

朝10時に町を出て、戻ったのは18時過ぎ。
十分に滝を堪能しました。


町に戻ってからちょっと歩いて
アルゼンチン・ブラジル・パラグアイの
3国国境が接する所へ行ってみました。

↓Tres Fronteras
 手前がアルゼンチン、右がブラジルで左がパラグアイ
RIMG0176#.JPG

↓3国の国旗を並べたモニュメント
 ポーズの決まってる姉妹(?)とともに
RIMG0177#.JPG



前回カーニバルをサルバドールで、なんて書いたけど
カーニバルに参加しようと思うと、
ここからすぐサルバドールへ行って2月末まで動けない…。
そうすると後の予定が相当きつくなっちゃうので
やっぱしやめにします。
カーニバルはどっかで見るだけでいいや。

その代りやっぱりウユニリベンジ案が再浮上!
なので明日再びパラグアイに戻って
ひとまずアスンシオンへ行きます。



↓滝全景の写真を追加
RIMG0122##.JPG

↓プエルト・イグアスの町で見かけた
 宝石店の看板
 いろんな国の言葉で「石」って書いてるみたいやけど
 「石頭」は違うやろ…
RIMG0172#.JPG

posted by Yoshimochi at 12:19| Comment(6) | プエルト・イグアス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

イグアス移住地〜パラグアイ〜

ブエノスアイレスから夜行で移動して
パラグアイに入国しました。

入国してまず思ったことは
この国は町の雰囲気が中米っぽい。
これまでのチリ・アルゼンチンとは雰囲気が一変しました。
それと全体に赤茶色…。
赤土の大地の国のようです。

シウダー・デル・エステって町からバスを乗り換えて
イグアス移住地へ。
パラグアイの移住地の歴史は比較的新しく、
まだ一世の方も多く健在とのことです。

↓移住地のシンボル(?)の鳥居
RIMG0747#.JPG

町(村?)は素朴で何にもないけど
久しぶりにのんびりしたところです。

さすがに日本人移住区だけあって
町中には日本語の標語が掛けてあったり、
スーパーに行けばところどころから日本語が聞こえてきます。
それに日本食材も豊富。

↓農協の前には角松
RIMG0748#.JPG

↓赤茶色の村
RIMG0752#.JPG


のんびりしてると週末になってしまうとこだったので
宿に荷物を置いてエンカルナシオンという町まで
ブラジルビザ取りに小旅行。

エンカルナシオンの町も中米のようなアジアのような
混沌とした雰囲気でした。

↓町の通りはところどころ水浸し
RIMG0833#.JPG

↓川の向こうのアルゼンチンが大都会に見える
RIMG0835#.JPG

翌朝8時に領事館へ行って申請して
11時にはビザ取得できました。


再びイグアス移住地へ戻ってからは
シウダー・デル・エステへショッピングに出かけたりしました。
この街も混沌としてアジアのようですが、
免税地区で電化製品なんかが安い。
USBメモリー(16G)なんかを購入しました。

↓シウダー・デル・エステへ行くバス車内にて
 パラグアイの子供たち
 土曜朝11時…、これからセントロへ行って物売りの仕事だそう
RIMG0006#.JPG

↓パラグアイの国民食(?)、チパ売りのオジサン
 チパはマンジョーカの粉で作ったパンだそうです
 あんまりおいしいってもんじゃあないかな…
RIMG0010#.JPG


後はドッヂボールしてたりサッカーしてみたり。

↓サッカーグラウンドへ向かう道の途中で見つけた
 カブトムシ
RIMG0031#.JPG



ここに長く居てもあんまりすることもないし、
宿も評判ほど居心地良くもないので
明日アルゼンチンに戻ってイグアスの滝を目指します。




…カーニバル、サルバドール行っちゃおうかな…


↓2010年1発目の今日のCerveza en Paraguay
RIMG0013#.JPG
posted by Yoshimochi at 12:44| Comment(6) | イグアス移住地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

動物園とタンゴ

また、デルタでトラブル!!

買ったチケットはオープンで復路日程変更できるやつで
今までも2回変更してその時は問題なかったのに、
今回やろうとしたら変更できないって言われた…。
オープンじゃないって…。
デルタのオフィスにも行って粘ったけどやっぱり駄目…。
意味が分からん!!

2月1日フライトにしちゃってたので
何とかそれだけは変更してもらって5月1日にしてもらったけど
もう変更はできないって言われた…。
とりあえずチケット買った代理店にも問合わせてるけど
無理だろうな、きっと…。

なのでおそらく帰国は5月1日グァテマラ発になりそうです…。



それはそうと残りのブエノス観光記。

近郊のルハンって町に
トラとかライオンとかに触れる動物園があるって聞いて
行ってきました。

地下鉄とバスを乗り換えて約2時間。

↓ブエノスの地下鉄は日本の古い車両を使ってるって
 これは名古屋の地下鉄のお下がりらしい
RIMG0643#.JPG


んで、動物園は動物が雑多に飼われてるって感じでした。
草食動物いっしょくたの檻があったり。
でも肝心の動物に触るってのはばっちりでした。

↓トラの子にミルクを飲またり
RIMG0653#.JPG

↓撫でてるとこ記念撮影してみたり
 えらい暑くて汗びっしょり
RIMG0663#.JPG

ラクダと象にも乗ることができて、大満喫でした。


その日ブエノスに戻ってからは
タンゴショー見てきました。

ウォン・カーワイの「ブエノス・アイレス」の
撮影に使われたという「Bar Sur」って店。

↓店の雰囲気はこんな感じ
P1010303#.JPG

↓タンゴダンサー
RIMG0719#.JPG

↓客も踊らされたり…
RIMG0706#.JPG

カミニートで見てこんなもんかって思ってたけど
小さい店ですぐ近くで見れたし、
思ってたよりもずっと良かったです。


その他は韓国人街の焼き肉屋行ってみたり、
ブエノス生活はほぼ満喫したつもり。

↓焼き肉食べ放題
 生ガキも食べ放題!!
RIMG0742#.JPG



今日移動します。
次はパラグアイのイグアス移住地へ。



今回自分の写真が多いな…。

posted by Yoshimochi at 01:11| Comment(7) | ブエノス・アイレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

Buenos Airesです。

ウシュアイアから結局53時間かかりました。

リオ・ガジェゴスで乗り替えたら
念願のパノラミコ席!

2階建てバスの2階の一番前で
全面窓で景色がすごくよく見えるやつ。
ペルーぐらいからそういうバスはよくあったけど
乗れる機会がなくて、今回偶然ながら
乗ることができました。
名鉄のパノラマ電車みたいな感じ。

↓夕焼けの中ひた走る
 バスの席からこんな景色
RIMG0523#.JPG


そんでブエノス・アイレス。

特に見ると来ないのかなあと思ってたけど、
とりあえずボカ地区を観光。

↓カミニートの入口
 タンゴ発祥の地&芸術家の集うところらしいけど
 かなり観光地でした
RIMG0561#.JPG

↓カミニートってこんな感じ?
RIMG0544#.JPG

↓ビール飲みながらタンゴ鑑賞
 レストランのパフォーマンスなので
 レベル低いらしいけど良く分からん
RIMG0554#.JPG

で、近くのボカ・ジュニオルスのスタジアムも見学

↓ボンボネーラ
RIMG0595#.JPG

オフシーズンなので試合もやってないし、
芝も改修中…。
サッカーはブラジル入って見れたらいいなあ。


翌日もぶらぶら市内観光。

世界で2番目にきれい(?)な本屋とか、
世界で1番広いらしい(?)通りとか、
良く分からんけどいろんな有名な人が眠る墓地とか、
国立美術館とか…。

まあ、全部タダなんで…。

↓世界一広いらしい通りに立つオベリスク
RIMG0614#.JPG


パタゴニアにいたときと違って
ブエノス・アイレスは暑い!!
夜も寝苦しいくらいです…。

posted by Yoshimochi at 10:45| Comment(5) | ブエノス・アイレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

Feriz Año Nuevo!!

Feriz Año Nuevo!!

ウシュアイアにて無事新年を迎えております。
日本は大雪のようで、みなさん無事ですか?


ウシュアイアでは特に何をしたということもなく
年末年始をのんびりと過ごしてました。


大晦日は朝からちょっと紅白を見て
夕方からアサドパーティ。

↓大晦日はアサド
RIMG0379#.JPG

これがアルゼンチンスタイル?
一家に1台はバーベキューコンロが置いてある。
使ってるとこは見たことないけど…。

↓それと綾子ばあちゃん特製年越し蕎麦
 日本の蕎麦じゃないけど、
 こっちにある食材でうまくできてました
RIMG0387#.JPG

0時過ぎまで頑張って起きてて新年を祝い、就寝。
とある事情で天皇杯観戦はできず…。


翌朝早起きして初日の出見に行ってみたけど
天気が悪くて拝めませんでした。

↓代わりに元旦の風景
RIMG0398#.JPG

宿に戻ってちょっと寝て起きたら
今度はおばあちゃんが雑煮をふるまってくれました。

↓餅は日本から送ってもらったんだそうです
RIMG0402#.JPG

↓黒豆とだし巻きも
RIMG0405#.JPG

そのあとは外へ出て
地元のガキも混ざって正月サッカーを楽しんだりしてました。

↓タイガーショット炸裂
RIMG0406#.JPG

この日の夜は起きてて大学選手権を観戦。
もう早稲田は負けてたんですねえ。



ウシュアイアで観光らしい観光と言えば
唯一レンタカーで国道の終点と斜めの木を見に行きました。
朝、車を借りてまずは国道の果てへ。
アラスカから続くパン・アメリカン・ハイウェイの南端です。

↓南端には看板が
 ブエノス・アイレスから3,079m、
 アラスカからは17,848mって書いてあります
RIMG0426#.JPG

次は町を挟んで反対側約80kmのところにある
斜めの木を見に。
強風が吹き続けるので木が斜めに成長しちゃってるってやつ。
ウシュアイアと言えばこれじゃないでしょうか?

↓斜めの木1
RIMG0438#.JPG

↓斜めの木2
 これを見て海原はるかを思い出すのは僕だけか!?
RIMG0448#.JPG



年明けから毎朝曇ってて、
ようやく4日の朝に朝日を拝むことができました。

↓朝焼け
RIMG0488#.JPG

↓そして朝日
RIMG0499#.JPG



そんなウシュアイア生活でしたが、
明日早朝からバスでブエノス・アイレスへ向かいます。
所要48時間・・・。



posted by Yoshimochi at 04:53| Comment(9) | ウシュアイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。