2010年05月01日

まもなく

まもなく、帰国の途に着きます。
posted by Yoshimochi at 22:59| Comment(2) | アンティグア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

アンティグアに戻ってきました

パナハチェルで寛いだ時間を過ごした後、
今回の旅のスタート地点であり最終地点である
アンティグア・グァテマラへ帰ってきました。

↓パナハチェルからのシャトルが交通事故…
 1時間くらい遅れました…
RIMG0077#.jpg

アンティグアでは再びアニの家に滞在。
ここの家族は相変わらずですが、
ちゃんと覚えててくれました。

んで、マルタとも再会。
あんなに文句言ってたのに
まだここで働いてました…。
マルタの娘マリーナもちょっと大きくなってて
でも相変わらずの馬鹿加減。

↓マリーナ
RIMG0079#.jpg

↓マルタと記念写真(マリーナ撮影)
RIMG0083#.jpg

↓1年前のマルタ
 面白い写真なのでついでに
kk 318.jpg

んでんで、アニん家と言えばバルバコア!?
わざわざコンロ持ってきてもらって
懐かしい夕食になりました。

↓バルバコア
RIMG0084#.jpg


そんな感じでグァテマラ出国まで
あと4日です。
posted by Yoshimochi at 00:13| Comment(9) | アンティグア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

明日コスタリカへ向けて出発します

コスタリカ行きはやっぱりバスにしました。
飛行機は高い。

サンサルバドル1泊+マナグア1泊の
2泊3日のバス移動です。

長いなあ。。。


ところでアンティグアに舞い戻ったので
マルタの写真を撮ることが出来ました。

↓マルタ(自称37歳)
RIMG0482.JPG

徒歩で2時間かかる山の中の村から通勤し、
ここに書くことは憚られるほどの安い給料で
アニ一家にこき使われています。
しかも最近宿泊者が少ないので
週3回出勤に減らされたようです。

そんなマルタですが、とぼけた面白いやつで
素朴な原住民っていう感じのとてもいいやつでした。
部屋の掃除やバーベキュー後の掃除もしてくれました。
なぜか途中からベッドカバーを裏返しに
メイクアップするようになり
指摘すると「No hay problema(No problem)」だって。

向学心も強く、最近覚えた日本語は
「Yamanashi(山梨)」と「Kara!(辛っ!)」。

もうこの仕事はやめたいみたいなので
最後にグァテマラに戻ってくるころにはいないでしょう。
さよなら、マルタ。


ここにいると、
なぜか日本でもやったことないような料理をします。

↓アジを捌きました
RIMG0487.JPG

↓パエリア(美味しかった)
RIMG0497.JPG

You tubeは便利です。
posted by Yoshimochi at 11:13| Comment(0) | アンティグア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

移動します。

スペイン語、疲れてきました。
アンティグアの街にも飽きてきたので
勉強はもうやめにして次の町に行くことにしました。
この町で遊んでるとなんかお金使うし。

丘の上から見たアンティグアの風景↓
RIMG0217.JPG

スペイン語は二週間でノート二冊埋まるぐらいやって
文法のホントに基礎の基礎は分かった気がするけど、
実際に会話するのは別だからなあ。
ラテン系の言語を勉強したことのある人は
わかるかもしれないけど、
動詞の活用だけでうんざり。
それでもスペイン語はずいぶん簡単なほうだと思います。

最初の三日でポテチ先生はチェンジになり、
それからは写真のJacquelineとお勉強してました。
RIMG0215.JPG

それと学校のアイドル犬ジェシカ↓
RIMG0214.JPG

ところで滞在していたファミリアが
なかなか強烈な家族で、そのことを少し書きます。

CASA DE ANI
ANIの家ってことですが、
どうやらまともに働いてるのはANIだけ。
といってもスペイン語学校からくる
生徒からの収入と、
小さなTIENDAを営んでいるだけですが、
それでもこのあたりでは、
まあまあ収入源を持っている方みたいです。

ANI(71歳)↓
RIMG0211.JPG

んで、そのいえにANIの息子二人が寄生。
揃いも揃って大デブで、
弟は最近までシティで仕事をしていたらしいですが、
兄の方は50歳位なのに無職。
そんな息子に車買ってあげたりしてるANIもANIだけど、
まあ稀代のおバカです。
孫もいてそいつも相当なんですが、
とにかくこの国の人は、性質が陰気というか
ラテンアメリカに対して持っていたイメージとは
大分違う気がします。
中米だからか?
町中の人々はそうでもない場合もあるので
この家の人間に負うところが大きいかもしれません。

ともかくグァテマラ人ってのはいまいちかな。
村的暗さと閉鎖感、それとcomplex&envyを感じます。

RIMG0211.JPG
↑毎日当たり前のように鳴る花火や爆竹。
 うるさいのでやめてほしいです。
posted by Yoshimochi at 12:55| Comment(2) | アンティグア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

fin de semana

メルカドは毎日開いていますが、
土曜日には一段と大きな市になるので、
そこで食材を買い集めて
バーベキューをしました。

混沌としたメルカドの中には
食材から工具や日用品までいろいろ揃ってて
山の中ってイメージの強いアンティグアにも
案外海産物もたくさん売ってました。

メルカド内の野菜屋
RIMG0152.JPG

炭なんかも買ったので、
トゥクトゥクに乗って帰宅。
道がぼこぼこの石畳なので振動がすごい!

アンティグア版トゥクトゥク
RIMG0153.JPG

炭と一緒に松の木も売ってて
これが着火剤になります。
松脂が燃えるらしい。
RIMG0174.JPG

んで、さらにドライヤーで火をおこすのが
アンティグア流(?)らしい。
RIMG0181.JPG

RIMG0177.JPG
この貝がかなり美味しかった。
生でもいけた。
赤貝らしい。

何の魚かわからないけど、
魚もおいしい。
やっぱりだいぶん淡白でしたが。
RIMG0188.JPG


RIMG0173.JPG
ここのファミリアのお手伝いさんのマルタの娘。
恐る恐る貝やエビも食べてました。
マルタはかなり面白いやつなので
おいおい写真撮ってアップします。


posted by Yoshimochi at 07:36| Comment(2) | アンティグア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

パカヤ火山

ファミリアに移りまして、
引き続き学生生活です。
中学生の英作文のようなレベルですが
まあ、楽しんでやってます。

先週の土曜日にパカヤ火山へ観光に行ってきたので
今回はそのことを書きます。

パカヤ火山はグァテマラシティの南にある活火山で、
アンティグアからも半日のツアー(US$6〜7)で
気軽に行けるので、参加してみました。

14:00にアンティグアから、多分アメリカ人7人と
チャイニーズ1人と一緒にミニバンに乗り、
1時間半くらいでふもとに到着。

ふもと付近には小さな町があって、
到着したとたんに、バスの周りに子供が群がり
「スティック、スティック、
 シンコケツァーレス、シンコケツァーレス」
と連呼しだします。↓
RIMG0073.JPG

半分くらいの人が買ってましたが、
最終的にはQ1まで値下がりしてました。
しかも、帰りにはまた子供が群がってきて
スティック返してくれって回収してました。
売り物ではなくレンタルみたいです。

そこから登山道に入り、
2時間程度歩くとパカヤ火山が見えました。↓
RIMG0085.JPG

ゴロゴロと溶岩の塊の道に変わり、
ところどころ熱風の噴き出している場所を
通り過ぎつつもうしばらく歩くと、
まさに溶岩が流れているところまで見に行けます。↓
RIMG0103.JPG

1メートルくらいまで接近できましたが、
当たり前ながらめちゃくちゃ熱いので
あまり長くは近くにいられないくらいでした。

遠くからも見えました↓
RIMG0121.JPG

あとは夕日を眺めて帰路に着きました。
アンティグアに戻ったのは21:00くらい。
結構歩いたのでcervezaがおいしかったです。

遠くに見えるアグア火山へ沈む夕日↓
RIMG0116.JPG


posted by Yoshimochi at 11:06| Comment(6) | アンティグア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

アンティグア パートツー

アンティグアから2度目の更新です。

↓街並みはこんな感じ。

RIMG0057.JPG

まさにコロニアル調。
世界遺産に登録されていて、街の景観を壊さないように守られているため
マクドナルドですら地味です。↓

RIMG0053.JPG

石畳も昔のままらしくごてごてで、サンダルでは歩きにくいくらい。
オアハカと比べるとずいぶん素朴です。


毎朝8:00〜12:00までスペイン語のお勉強をしています。
まだ3日目ですが、面白いような、もう面倒くさいような。

↓先生のBlanca。1対1です。
(服に付いているのは飾りであって、
 ポテトチップスを食べこぼしたのではないと思います。)

RIMG0058.JPG

月曜日からはホテルを出てホームステイに移ります。
下見に行ったら、ホームステイといっても下宿みたいな感じで
街から徒歩15分くらいで少し外れているけど、
何といっても安いことと、
そこのファミリアでは不安定ながら無線LANが使えるとのことで即決しました。
(一週間3食付きでQ450!! US$1=約Q8です。)

昼からは特にすることがないので、
街をふらついて教会をのぞいてみたり、
学校でインターネットしてたり、
で、夜は相変わらず飲んでます。

↓cervezaは高くつくので、vino中心に。
 写真のものはQ58だけど、メルカドでQ28ってのがあったので
 次からはそっちで。
 いざ飲もうとして栓抜きがないことに気づき、
 メルカド中探し回りました。

RIMG0051.JPG



↓メルカド

RIMG0050.JPG

↓フルーツの屋台
 マンゴーは一個分Q5でとてもおいしいです。

RIMG0060.JPG


明日は学校休みなので
火山観光に行くつもりです。



posted by Yoshimochi at 06:51| Comment(5) | アンティグア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

アンティグア グァテマラ

今アンティグアにいます。


アトランタから3時間のフライトでグアテマラシティへ。
何もない空港を出たところで、待ち構えているタクシーに
アメリカ人2人組とシェアして乗り込み
一路アンティグア グァテマラへ。(所要約1時間)

着陸のときに街並みを見下ろしていてうすうす気が付いていたけど
走り出したとたん、いかにも混沌とした雰囲気で、
久しぶりに外国にきた実感が出てきました。

とはいえ、アンティグアは沈没タウンとして有名(?)なだけあって
旅行者には過ごしやすい街です。 

気候は昼間は30度くらいで蒸し暑いけど、
朝晩と雨が降ってくるとちょっと寒いくらい。
昨日は15時くらいから夜まで雷雨でした。


↓アンティグアのシンボル(?)の時計塔
 写真で見たより、きれいにペイントされてた。
tokeidai.JPG

↓現在宿泊中の宿(通りの一番奥のやつ)
 初日のとこよりきれいだったので、こっちに移りました。
 ちなみにホットシャワー、トイレ付のシングルで一泊¥700。
 うしろの山は多分アグア火山。朝のうちだけ全貌が見えます。

POSADA REFUGIO U.JPG


アンティグアの街中には、おしゃれカフェがいくつもあって、
接続状況はあまり良くないものの、だいたいどこでもWi-Fi接続可能。
(試してみた2件のカフェでは、写真のアップロードなどはできなかった。)

↓おしゃれカフェはこんな感じ(el viejo café)

cafe.JPG


とりあえずメルカドや教会を見物しながら街をうろついてみて気づいたこと。
商店で売ってるビールがビンであること。
まっ先に栓抜きを買いました。

↓記念すべき初cerveza。
 味はドライでちょっと薄い気がした。
 買った栓抜きともに。

cerveza0601.JPG

今日からスペイン語の勉強を始めてみました。
片桐はいりの弟が経営していることで有名(?)な
「CENTRO LINGÜÍUSTICO ATABAL」ってとこに、
とりあえず一週間通ってみます。


おまけ。

domo.JPG

↑グァテマラで大人気のようです(?)
 「ディー、オー、エム、オー、ドーモー!」って。



posted by Yoshimochi at 05:56| Comment(4) | アンティグア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。