2009年08月22日

Nariz del Diablo!?

キトを離れ、途中リオバンバを中継して
アラウシという小さな町に来ています。

リオバンバ〜アラウシ〜悪魔の鼻までを列車が運行しており、
この列車は屋根の上に乗れることで有名です。

リオバンバの駅で聞いてみたのですが、
どうやら今は観光シーズン真っただ中であるらしく、
週3便のすべてが予約でいっぱいでした。

アラウシ〜悪魔の鼻間だけなら乗れるみたいだったので
予約をして翌日さっさと移動してきました。
でも屋根には上がれないみたい。

リオバンバは大した見どころもなく、
近くにそびえているはずのチンボラス山(6310m)も
曇っててちらっとしか拝めず。
US$4の独房のような部屋に一泊したこと以外
特に思い出はありません。

アラウシも観光列車以外特に何もないところですが、
周囲を山に囲まれたのどかな町です。
インディヘナ率も高いです。

それにしても交通費が安い!
だいたい移動時間1時間=US$1以下って感じです。
リオバンバ〜アラウシも2時間以上乗ってUS$1.5でした!

↓アラウシの街を見下ろす丘に立つ聖ペドロ(?)像
RIMG0672#.JPG

↓そこからの眺め
RIMG0668#.JPG

↓町はずれの路上マーケット
 ここら辺のインディヘナは帽子に羽根飾りをつけてる
RIMG0673#.JPG

とはいえ、町を見て回るのもすぐ終わってしまうので
US$6でトイレ・シャワー共同ながら
なぜか全室にテレビはついてる宿にて
COPA NISSAN SUDAMERICANAを観戦してました。
ボカ・ジュニアスでリケルメ・パレルモ・アボンダンシェリといった
懐かしい名前が活躍してましたよ。


で、翌日列車に乗ってきました。
列車ったってバスの車体に車輪をつけただけ。
山間をガタガタゆれながら進んでいきます。
そんで終点Nariz del Diabloを見て戻ってきました。

↓列車
RIMG0694#.JPG

↓こういうとこに線路が通ってます
RIMG0685#.JPG

↓Nariz del Diabloって言われても…
RIMG0696#.JPG

なんてことなかったかな。
結局屋根には上がれなかったし。
どうやらリオバンバからのとは別に
アラウシ〜悪魔の鼻間のみを運行しているやつで、
屋根に上がれるのはリオバンバからの列車だけみたいです。
まあ、高山列車に乗ったってことで。

明日は移動するつもりです。
近くに大きな街クエンカというのがありますが、
日曜日にその近郊の町でインディヘナの市があるみたいなので
先にそっちの町まで行っとこうかと思ってます。

まあどうなるかわかりませんが。
Todo Dependeです。


おまけ

↓キトで購入したハードシェルジャケットとシュラフ
RIMG0677#.JPG

ジャケットはGORETEXではないものの別素材の3レイヤー。
セパレートできるインナーとそれぞれでも使い勝手良しです。
約2万円也。
シュラフもおなじHUSKYという
チェコ(ドイツ?)のブランドらしいです。
カタログも見せてもらいましたが、結構本格志向のようで
テントもいいのがありそうでした。
日本に入ってるのかな?


posted by Yoshimochi at 06:57| Comment(2) | アラウシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。