2009年12月05日

ラパ・ヌイ

イースター島、行ってきました。
島滞在中に7ヶ月目に入りました。

宿泊先は日本人のみならず、
各国の旅行者に人気という
「キャンピング・ミヒノア」。

ドミトリーなどもありましたが
天気もよさそうだったので
テント泊にしました。

↓キャンピング・ミヒノア
RIMG0440#.JPG

ミヒノアって言うのは娘の名前らしいです。

↓ミヒノア
RIMG0145#.JPG

島の娘って感じ全開のおてんば娘でした。
元気いっぱいでかわいらしいやつ。

↓島最大の村ハンガ・ロアのメインストリート
 とてものどかな雰囲気です
RIMG0388#.JPG


初日には歩いて行ける
モアイ&夕日スポットへ行きました。

↓夕日とモアイ
RIMG0165#.JPG

日が沈むのは20:30〜21:00頃。
日が長い!

前日まであまり天気が良くない日が続いてみたいで
初日から夕焼けが見れてラッキー。

↓昼間に行くとこんな感じ
RIMG0406#.JPG

イースター島はあらゆる物価が高いと聞いていたので
食事はほぼすべて本土から持って来た食材で自炊。
それもまたキャンプ気分で楽しい。

↓ある日の夕食
RIMG0278#.JPG


翌日は日曜日だったので朝から島の教会のミサを見学。
ミサはキリスト教式にラパ・ヌイの歌の混じる
興味深いものでした。

↓ミサの光景
RIMG0180#.JPG


午後からはキャンプで一緒になった人たちと
レンタカーをシェアして島巡り。
(国際免許証持ってる人たちがいて助かりました)

最初に島の南側にあるオロンゴというところへ。
ラノ・カウという火山があります。
かつては聖域として鳥人儀礼なるものが行われていたそうです。

↓オロンゴより見渡す海
RIMG0189#.JPG

↓火口湖
RIMG0195#.JPG

そのあとは戦って敗れた部族を
儀式として食べていたと伝えられている食人洞窟をはじめ
島に無数に点在するという洞窟の1つなどを覗きながら
7体のモアイが立つアフ・アキビへ。
島内は村を外れると未舗装道が多く
穴ぼこだらけでかなりの悪路でした。

↓アフ・アキビ
RIMG0229#.JPG

他のモアイは海を背にして立っているのに対し
ここのは海を向いて立っているとのことですが、
海どうこうでではなくて、
モアイはかつての村を守護するように建てられていたらしく
海沿いの村のモアイは海を背に、
内陸のモアイの中には海へ向いて
建てられたものもあるということのようです。

さらに次は島最大かつ唯一(?)のビーチ、
アナケナ・ビーチへ。

↓日曜だったからか大勢の人で賑わっていました
 水着着てこなかったのが残念でしたが
 とりあえず足だけちょっと入りました
 水温は低く、しっかり日が照ってないと意外に寒い
RIMG0258#.JPG

このビーチにはプカオをかぶったモアイも立っています。
プカオってのは先住民がおしゃれで結っていた
「まげ」を模したものだそうです。

↓モアイconプカオ
RIMG0247#.JPG

さらに15体ものモアイがたつというアフ・トンガリキへ。

↓アフ・トンガリキ
 さすがに15体も揃うと壮観
 ここが一番良かったなあ
RIMG0269#.JPG

ここのモアイは日本のタダノというクレーンの会社が
立て直しや修復を行ったんだそうです。
というのも、かつてモアイ建設のための森林伐採や
人口増加による食糧危機によって部族間抗争が激化した時代があり
その際、敵対する部族の守り神であるモアイを引き倒す
「モアイ倒し戦争」が行われ、
あらゆるモアイが倒されてしまっていたのだそうです。

まだ見どころが少し残っているようでしたが
疲れてきたしお腹もすいたのでこの日はここまで。


翌朝ちょっと早起きして再びアフ・トンガリキへ。
ここは唯一朝日を浴びるモアイを見れるスポットでもあるのです。

↓朝日を浴びるモアイ!!
RIMG0308#.JPG

↓17体?
RIMG0300#.JPG

そのあとモアイが切り出されていた跡と言われている
モアイ製造工場へ。

↓よく見るやつ
RIMG0300#.JPG

↓島には馬がいっぱいいました
RIMG0355#.JPG

ここまででレンタカーは返却。


午後、キャンプ近くの港へ帰ってきた
漁船を捕まえると魚が買えると聞いていたので
チャレンジしてみました。

↓漁船から上げた魚をその場で処理
RIMG0375#.JPG

マグロは行き先が決まっているようで売ってもらえませんでしたが
「パパラウリ(多分)」なる魚をGET!
1kg=$5000で買ったやつは3kgでした。

宿のお父さんが帰ってきたら捌いてもらおうと待っていましたが
なかなか帰ってこず、結局ミヒノアの豪快な捌きにより
解体される運命となりました…。
でもなぜか途中までしたやってくれなかったので
半身を骨から外したり皮を外したりは自分たちで…。

↓捌かれました
RIMG0378#.JPG

↓骨や尻尾はあら汁に
RIMG0380#.JPG

この日は刺身丼パーティー!
そんでこれがホンマにめちゃ旨!!
味はハマチに近いのかなあ?
翌朝あら汁で作ったぞうすいも感動的でした!!

しかし外人どもは使った食器類なんかもなかなか片付けへんし
汚しても汚しっぱなしやし、なっとらん!!


4日目はちょっとのんびりしつつ
博物館を見学したりしてました。

↓途中で見つけた学校へ侵入
 子供たち、みな明るい!
RIMG0390#.JPG

↓海で遊んでた子供たち
RIMG0409#.JPG


5日目にもなるとすること自体はあまりなくなりましたが
島の雰囲気を味わいつつお土産屋を冷やかしてみたり
シエスタしたり。
初日以降夕陽の時間になると雲が出てしまっていましたが
この日は雲が少なく、
最後にまた素敵な夕焼けを見ることができました。

↓夕陽と海
 海は波が荒くてまるで日本海
RIMG0450#.JPG


ところで島にはたくさんの犬がいましたが
なぜかとっても犬に懐かれました。

↓教会行く途中、ずっとついてきた子犬
RIMG0064#.JPG

↓お気に入りのチリTシャツを着て
 犬は宿のグリーちゃん
RIMG0239#.JPG


あっという間の5泊6日のイースター島でしたが
モアイももちろん、海や島の風景、人々の雰囲気なども
本当に素敵でした。
完全に今回の旅のハイライトの1つになりました。

誰にでもお勧めしてしまいそうなイイ島です。
I LOVE RAPA NUI です!

posted by Yoshimochi at 12:31| Comment(5) | イスラ・デ・パスクア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。