2009年12月16日

フィッツ・ロイ!!

バリローチェからいよいよパタゴニア地方へ、
エル・チャルテンという町を目指しました。

バスで33時間の長距離移動…。
のはずが…、2日目お昼に食べたステーキの
重みを感じつつ眠りに就いたその夜、
何やら騒がしいので目を覚ますと
バスは停車しどうやら修理を試みている模様。
深夜2時から2時間弱そのために停車していましたが、
結局直らず…。
もう諦めて別のバスを呼んで待つことになったようです…。

それにしても修理中から、
もうあきらめて寝るしかないって時になっても
ラエリー集団が騒ぐ騒ぐ!
アルゼンチンに入ってまた一気に増殖した感のあるやつらですが
このときは本当にひどかった…。

そんな困難も乗り越えて朝を迎えても
救いのバスが来る気配は一向になく、
ようやくやってきて再び移動ができたのは
13時すぎてのことでした…。

↓1人分でステーキ2枚!?
 さすがアルゼンチン…
RIMG0264#.JPG

↓RUTA40の上で立ち往生するバス
RIMG0367#.JPG

↓ようやく救世主到着
RIMG0374#.JPG

結局予定より約12時間遅れての到着になってしまいましたが、
町到着直前のミラドールから見たフィッツ・ロイのおかげで
すべてがマルになってしまいました。

↓ミラドールからのフィッツ・ロイとチャルテンの町
RIMG0382#.JPG

エル・チャルテンの町はこじんまりしていて
ツーリスティックでホテルが高い…。
でも落ち着いてるし、
いろんなところからフィッツ・ロイが眺められて素敵です。

↓教会越しのフィッツ・ロイ
RIMG0398#.JPG

↓泊ってたホテル
 高い(AR$50、US$1=約AR$365)けどきれいで快適
RIMG0408#.JPG

翌日はフィッツ・ロイ直下の
ロス・トレス氷河の所までトレッキング。

町の北はずれから延びるトレイルは
あまりアップダウンはなく歩き易いけど
風が強くて飛ばされそうなほど。

道に迷いながら約4時間歩き、
作ってきたサンドウィッチで昼食。
そこから最後は急な上り坂を1時間くらい登って
着きました、ロス・トレス湖。

↓ロス・トレス湖の景色
RIMG0460#.JPG

↓湖には氷
RIMG0469#.JPG

↓残念ながら少し雲がかかって
 フィッツ・ロイのピークは拝めず…
 でも大迫力
 某○タゴニア社のロゴのデザインの山々
RIMG0471#.JPG

↓雲晴れないかなあ…
RIMG0473#.JPG

↓帰路にて
RIMG0488#.JPG


それにしてもホテル戻って飲んだビールはおいしかったあ!


posted by Yoshimochi at 19:55| Comment(6) | エル・チャルテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。