2009年12月22日

カラファテ日記

その名を聞いただけでテンションの上がりそうな町、
カラファテにいます。

ここで見るものと言えば、
やっぱり世界遺産ペリト・モレノ氷河。
宿の主人の送迎で見学に行ってきました。

↓ミラドールより
RIMG0503#.JPG

↓近くで見ると迫力アップ
RIMG0517#.JPG

↓結構大きな崩落もいくつか見れました
 少し氷が落ちただけに見えても
 雷のような音が響きます
RIMG0535#.JPG



宿泊先はFUJI旅館というところ。
日本人のご主人と韓国人の奥さんがやっていて
宿泊者は日本:韓国=4:6くらい?
日によって変動するけど。

んで、この宿の名物ツアー?
トゥルーチャフィッシングに行ってきました。
ツアーは奥さんが連れて行ってくれます。
参加者は日本人2人VS韓国人2人。
釣りはほぼ未経験ながら
国の威信にかけて負けるわけにはいきません!!

ルアーフィッシングってのも初めてでしたが
最初の1匹をゲット!!したもののそのあとは釣れず。
糸が変になったり、ルアーが根がかりしたり…。
それでも全員で釣果は9匹。
大当たりの大量でした。
お母さんが釣った3匹を除けば
日本組3匹VS韓国組3匹でしたが、
連れた魚の大きさで日本組の勝利でした!

↓ミナミ・アメリカの鱒釣り
RIMG0490#.JPG

↓ノリ・サケ弁当もおいしかった
RIMG0570#.JPG
 
↓帰り道ではアルマジロ発見!!
RIMG0578#.JPG

↓ガウチョ集団も
RIMG0581#.JPG

↓RUTA40を通ってカラファテまで
RIMG0586#.JPG


その日の夜はご主人の経営するSUSHI BARで
釣ったトゥルーチャ三昧をいただきました。
刺身と寿司ばっかりだったのでちょっと飽きそうでしたが…。

↓残ったトゥルーチャを宿へ貰って帰って
 翌日セビッチェ作ってみました
RIMG0597#.JPG



他にもBIG ICEという氷河の上を歩くツアーがあって
かなり高い(US$100超え!!)ので
どうしようかと悩んでいましたが、
参加してきた人の評判がとてもよかったので
行くことにしました。

朝7時にピックアップが来て
再びロス・グラシアレス国立公園へ。
最初はすでにみた観察コースを一周し
その後船乗り場へ。

↓船で近付くとさらに大迫力
 氷が青い
RIMG0619#.JPG

↓入口の小屋で出迎えてくれた
 アイゼンを履いたサンタ
RIMG0616#.JPG

氷河上陸地点まで山道を歩いて約30〜40分。
そこでアイゼンを装着し、いよいよ氷河の上へ。
広大な氷の大地の白さと洞窟やクレバスの青さ、
解け出した水の流れの清らかさに
3時間以上の氷上トレッキングも全く苦になりませんでした。

↓氷河の上はこんな感じ
RIMG0716#.JPG

↓クレバス
RIMG0655#.JPG

↓洞窟
RIMG0663#.JPG

↓川
RIMG0683#.JPG

↓穴
RIMG0694#.JPG

↓もう一個クレバス
RIMG0715#.JPG

↓流れ落ちる滝と、それが作り出す洞窟
 こうして地下水となった水が氷河の内部で
 その運動の原動力の一つとなっているそうです
RIMG0723#.JPG

↓帰り道には普通の滝も
RIMG0737#.JPG

↓戻りの船上にて
 お決まりの氷河ロック
RIMG0744#.JPG


そんなこんなでカラファテ1週間弱滞在しましたが
次は再びチリ領へ。
パイネです!!


それにしてもパタゴニアはお金がかかる……。
posted by Yoshimochi at 22:16| Comment(6) | エル・カラファテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。