2010年02月20日

夢の楽園??トランコーゾ

リオのカーニバル、結果が出たみたいです。
僕が見たチームでは3位Beija-Flor、5位Salgueiroが上位に。
どうやって順位つけとるのかはよく分からんが。


ところで今はポルト・セグーロにいます。

「楽園」もしくは「南米のゴア」と称される
トランコーゾというところが近くにあります。
実はウユニに並び今回の旅で来てみたかったところ。

うつくしいビーチとのどかな環境を求め
世界中からヒッピーが集まり、
夜な夜なビーチでフリーパーティー。

そんな噂を聞いて楽しみに、
ポルト・セグーロから渡し船とバスを乗り継いで行ってきました。


で、来てみたトランコーゾ。
確かにのどかで南国ムード漂い
きれいなビーチもある「楽園」的なところではありますが
いるのはお金持ちそうな白人ばっかり…。
家族連れや団体が多くて、
ヒッピーらしいやつはほとんど見かけない。
パーティーも有料&屋内のものはあったけど
ビーチのフリーパーティーなんてないみたい。
よくよく聞いてみるとせいぜい日曜にやってるだけみたい。
着いたの火曜だし、そんなにはいれない…。

そんなこと言ってどっかで夜やってんじゃないって思って
暗くなってからビーチを歩いてみたけど
閑散としてそんな気配は一切なし…。

少し残念に思いながらとぼとぼと観光してました。

↓真っ白なサン・ジョアン教会
RIMG0178#.JPG

↓夕暮れのリオ・トランコーゾ
RIMG0161#.JPG

↓やっぱりハイビスカスが咲いてると南国感ある
RIMG0174.JPG

↓ビーチは確かにきれい
 でもお金持ちそうな人たちがパラソルの下でくつろいでる
 リオのビーチの方がまだ庶民的だったような…
RIMG0186#.JPG



そんでトランコーゾを後にし、
再び渡し船に乗ってポルト・セグーロへ戻ってきました。

↓渡し船
RIMG0195#.JPG

トランコーゾもそうでしたが、
ここもカーニバル期間中ってことでか
宿が高いし空いてない。
ここまでくれば大丈夫と思ってたのに…。

何とか見つけた、というか
町歩いてたらおばちゃんが見つけてくれた宿に入り、
ポルト・セグーロを観光。
ホドビアリア方面へ丘を上がったところに
旧市街という歴史地区があります。
そもそも、ここポルト・セグーロは
1,500年に初めてポルトガル人が上陸した土地で
その後この旧市街を建設したというブラジル発祥の地なのです。

↓道にはこんな看板が
 「私はポルト・セグーロで産まれた、
  私の名はブラジルだ!!」って意味だと思う(多分)
RIMG0200#.JPG

↓旧市街の白い教会
RIMG0210#.JPG

↓と、カラフルな家々
RIMG0202#.JPG

↓旧市街からポルト・セグーロの町を見下ろす
 その名の通り穏やかな港町って感じ
RIMG0205#.JPG

そんで夜。
やっぱりカーニバルでした。
そりゃ宿も高いわ…。
ここは平和な感じで屋台もいっぱい出て
日本のお祭りみたい。
リオとはまた違ってこりゃ楽しい!
夜も安心して歩ける感じだし。

↓屋台がびっしり
RIMG0216#.JPG

↓でっかいトレーラーの上でバンド演奏
RIMG0231#.JPG

↓こっちでも
 こんなのが5台以上いた
RIMG0237#.JPG


思いのほかポルト・セグーロが楽しかったな。
治安もだいぶいい感じだったし。
ブラジルの生まれた町…、
こりん星で産まれたはずのゆうこりんは
普通の人宣言したみたいですね…。


次はサルバドールです。
治安悪いんだろうなあ…。


posted by Yoshimochi at 02:38| Comment(4) | ポルト・セグーロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。