2010年03月29日

南米最悪!? カラカス日記

シウダー・ボリーバルから約9時間、
再び走る冷蔵庫に乗ってベネズエラの首都カラカスに来ました。
今回はなぜか一回も検問なし。ラッキーです。

カラカス…、
外務省の情報によるとカラカス首都区における殺人事件数は
東京の約61倍、強盗事件は東京の71倍など、
良く分かりませんが危険な街のようです。
週末だけで100件の殺人事件が起きるとか…。
そういった情報や実被害の噂などから
治安が悪いと言われている南米諸都市の中でも最悪と言われ
日本人旅行者は極力この街は避けているよう。
外人旅行者は割と立ち寄ってるみたいで、
彼らの評判はそれほど悪くはないんですが…。

ともかくなんとかベネズエラから
直接キューバへ飛べないものかと、
カラカスにある日系旅行代理店を頼りにやってきましたが…、
週末&セマナ・サンタ&チャベスちゃんのきまぐれ祝日などが
重なってしばらくはお休みの様子。
もう完全に諦めて、明日コロンビア国境方面へ向かいます。

ところでカラカスですが、久しぶりの都会です。
高層ビルが立ち、立体交差の道路が走っています。
治安もそれほど悪い感じはありません。
ホテルは新市街側にとったので
旧市街の夜の様子はわかりませんが、
昼間(新市街は夜も)は人も多いし歩いてても問題はなさそうです。
ただ、グァテマラなどの中米都市に似たような
全体的な雰囲気の暗さは感じました。
人々の醸し出す雰囲気のせいでしょうか?

↓都会です
RIMG0879#.JPG

↓旧市街(セントロ)のボリーバル広場
RIMG0882#.JPG

↓高層ビル
 ビルの合間に見える山沿いには
 ランチョと言われる貧民地区が広がっています
 ラ・パスなどと同じように経済の低迷により
 貧困層が首都に流入してこうした地区を形成し
 それが治安悪化の要因となっているようです
RIMG0887#.JPG

↓新市街は夜も平気?
 しかし地下鉄の各駅に最低1つくらいに割合で
 マックを見かけます
 ウェンディーズやサブウェイも多い
RIMG0906#.JPG


治安がそんなに悪くないように思えるとはいえ
何にもすることはないし、
そろそろ残り時間も少なくなってきているので
カラカスは2泊で移動。
逆ルートでコロンビアから来た人が
途中の検問で相当タチの悪い警察官にあったようなので
(ナイフ出されて現金取られそうになったらしい。
 警官にだよ…。)
そういうのがないことを祈ります…。
posted by Yoshimochi at 11:46| Comment(5) | カラカス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。