2010年04月19日

キューバ回想 続ハバナ編

ハバナにいる間はぶらぶらいろんなとこを歩きまわってました。

宿の目の前にあるカピトリオは
内部も見学できるので覗いてきました。
今は使われていないものの立派な建物で
議事堂や会議室もきれいなもんでした。

↓入ってすぐにこんなのがいた
RIMG0294#.JPG

↓相変わらず周辺ではいろんなことやってる人たちが…
 キューバでははやりなのか、
 太極拳や中国風棒術の練習みたいなことをしている団体
 師範らしき人は冗談のような中国風衣装を着て、
 でも皆いたって真剣
RIMG0076#.JPG

またすぐ近くにバルタガス葉巻工場ってのもあってそこも見学。
キューバの葉巻工場はどこも
内部撮影は禁止なのが残念でしたが、
葉の選別や仕分け、巻く作業、
ラベリングまで同じ建物内でやっていて
その工程を間近に見られて面白かったです。
ホントにみんな手作業で巻いてるんだなあって。
学校も併設されてて、そこで8か月くらいは修業しないと
本作業には当たれないそうです。

↓バルタガス葉巻工場
 バルタガスってのは銘柄ですが、
 今ではここでいろんな銘柄のを作っているそう
RIMG0254#.JPG

↓宿のねーちゃんがなぜか葉巻を1本くれました
 最高級銘柄COHIBAのニセモンだそう…
RIMG0484#.JPG


ビニャーレスから戻ってきた際、
ついでに新市街へ寄って旧アメリカ大使館を見てきました。
大使館が使われなくなったのち、
フィデル・カストロがアメリカに対する抗議を示すため
その前に無数のポールを立て、
さらには黒地に白の星の旗をはためかせている
何とも言い難い光景でした。

↓旧アメリカ大使館です
RIMG0457#.JPG

そこからマレコン通り沿いに旧市街まで歩いて戻りました。

↓マレコン通り
RIMG0456#.JPG

↓岸壁でトランペットの練習をするおじさん
 曲目はなぜか「ピンク・パンサーのテーマ」
RIMG0466#.JPG

↓ここもヘミングウェイがよく通っていたというバーです
 ダイキリが有名らしい
 旧市街に戻った時に通りかかりました
RIMG0306#.JPG


最終日はもうすることがないなあって感じだったので、
最近お目見えしたという観光バスを利用して
Playa del Esteまで足を延ばしてみました。
キューバの代表的なビーチリゾートとして
バラコアってとこがありますが
そこが旅行者向けに観光化されているのに対し、
こっちはハバナからも近く、現地の人も訪れるところらしい。

↓海はやっぱきれい
 地元人っぽい人たちがくつろいでました
RIMG0485#.JPG


そんな感じでキューバ10日間の滞在を終えましたが
滞在時間が長くなるにつれて面白くなってきて、
もっと長くいろんなところ行ってみたい国だと思いました。
トリニダーやサンチァゴ・デ・クーバ、
グアンタナモにも行ってみたいし。


安易に認識を端的にまとめたがる愚行を犯す覚悟でいえば
キューバには家族的な国民・家族的な
国家という印象を持ちました。
家の造りは入口入ってすぐ居間になってる上に
だいだいいつもドアは開けっぱなし。
単に暑いからってのもあるんでしょうが
日本人のプライバシーとか言う感覚からは大きく違います。
共同体の最も強く、かつ最大の形としての
家族って説があるかと思いますが
この国はその範囲を最も国家に近付けている国の一つ
じゃないでしょうか。
社会主義国家としては、そうであれば
理想的な姿なのかもしれません。
そうでなければ独裁か。
まあ、キューバも独裁国家ですが、
少ないながらインターネットもケーブルテレビなんかも入ってるし
思想・言論統制みたいなものを強く感じることはありませんでした。
実際はどうかはわかりませんが、
少なくとも中国の方がひどいんじゃないか。
あそこも独裁国家みたいなもんやし…。
そりゃあキューバは現代国家の中では特殊な国で
いろんな問題が多いに違いないでしょうし、
政治体制・社会構造としての社会主義は
科学的見地からすれば失敗したと言われるところでしょうが、
こうした印象としてのコミュニズムには
愛すべき理想が多く含まれているんじゃないかと思いました。
そう感じさせるところがキューバの魅力ですかね。


で、最後にちょこっと、
キューバ・クラシック・カー・コレクション!

↓コレクションNo.1
RIMG0494#.JPG

↓コレクションNo.2
RIMG0497#.JPG

↓コレクションNo.3
RIMG0508#.JPG


以上、キューバ回想、終了です。



ところでウシュアイアの上野山荘の
綾子おばあちゃんが亡くなったって
情報があったんですが、本当???
2010年4月16日の情報…。

posted by Yoshimochi at 04:02| Comment(4) | ハバナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

キューバ回想 ハバナ編

10日間のキューバ滞在を経て、
再びカンクンへ戻ってきました。
戻ってきたら大雨で、宿に着くまでにびしょ濡れ…。
ともかく落ち着いたので、
これからせっせとキューバ回想録を書きます。


今回の旅17カ国目にして最後の訪問国キューバ。
会う人会う人に「フィデルが死ぬ前に行った方がいい」
なんて言われて行ってきました。
「フィデルが死んじゃう前に…」


クバーナ航空の機体に乗り込みいざ出発!
と、噂どおり離陸直前から機内にモクモクと白い煙が…。
あわてる外国人もいましたが、冷房から出る煙らしい。
聞いてたからいいけど、知らなきゃビビるわな。
機体もボロいし…。

首都ハバナに到着し、事前に調べておいた宿へ。
キューバでの宿泊先はホテルは高いので
CASA PARTICLARと呼ばれる民宿みたいなとこに泊ります。
カピトリオと言われる旧国会議事堂のすぐ近くの宿で、
キューバでは珍しいドミトリーのあるところ。
CASAはどこもだいたい部屋貸しなので1人だと高くついちゃう。
とはいえ3回出たり入ったりしたけど、
いつもすいてて個室として使えました。

↓宿の外観
RIMG0104#.JPG

↓扉を入るとこんな感じ
 年季入ってる
RIMG0478#.JPG

↓目の前にカピトリオ
 この建物、当初はホワイトハウスを真似て作られたらしいですが
 今となっては…
RIMG0105#.JPG

↓さすがキューバ
 カピトリオの空き地で野球をする子供たち
 キューバでは空き地や道路で野球をやってる人たちを
 よく見かけました。
RIMG0181#.JPG

↓バットを抱えて観戦する子供
RIMG0180#.JPG

とりあえず着いた当日はビールを飲んで就寝。
観光は翌日からにしました。

↓キューバの代表的ビール2銘柄
 1本=約1CUC
 ちなみにキューバ人が現地通貨で飲む
 人民ビールなるものもありますが、薄いです…
RIMG0095#.JPG
 

ところでキューバは2重通貨の国です。
かつて流通していた米ドルは今は使えず、
兌換ペソ(CUC)という通貨を主に外国人は使うことになります。
キューバ人が日常使うお金はペソ・クバーノ(CUP)などと呼ばれ
1CUC=24CUPというレートで2つの通貨が流通しているのです。
1CUC=US$1.08は固定ですが、米ドルを両替しようとすると
10%の手数料を取られます。さすが反米国家…。
CUCとCUPをうまく使い分けることが
キューバを旅行するコツのようです。


翌日からは観光。
はじめに新市街にある革命広場へ行ってみました。
ここへ最初に行ったのはその近くに長距離バスターミナルがあり、
翌日のサンタ・クララ行きのチケットの購入を兼ねて。
キューバのバスやタクシーも観光客用と国民用に分かれていて
観光客が利用するものはきれいだけど高い。
もちろんCUC払い。
移動費を安くできたらと思って
クラシックカーを使った国民用乗合タクシーに乗せてもらおうと
何度か挑戦しましたがやっぱりダメでした。
警察の取り締まりが厳しく、
観光客を乗せていると罰せられるようです。

↓観光客向けにこんなタクシーもあります
 ココ・タクシー
RIMG0108#.JPG


ともかくチケットは買ったので革命広場を見学。
ここはかつてはフィデル、今はラウル・カストロが
演説を行う場所です。

↓内務省の壁にはゲバラの顔
RIMG0115#.JPG

↓ここから広場いっぱいに集まった国民に向けて演説!
RIMG0117#.JPG

その広場に面してキューバの革命の英雄
ホセ・マルティを称える記念館もあり、
そこからはハバナ市街が一望できます。

↓ホセ・マルティ記念館
RIMG0118#.JPG


そのあとは再び旧市街へ戻り散策。

↓アルマス広場には古本市が出ています。
RIMG0266#.JPG

キューバと言えばラム。
キューバのラムと言えばハバナ・クラブ。
その博物館もあって見に行きましたがいまいちだったかな。

↓最後に試飲できる
RIMG0140#.JPG

またぶらぶらと歩いて今度はカテドラルへ。

↓カテドラル
RIMG0147#.JPG

↓その前で観光客向け(?)に演奏
RIMG0144#.JPG

↓旧市街のメイン通り、オビスポ通りには
 かつてヘミングウェイが常宿にしていたホテルがあります
RIMG0265#.JPG

↓旧市街の路地は絵になります
RIMG0270#.JPG

↓ちょっと裏にはいるとこんな感じ
RIMG0282#.JPG

↓パン屋(?)に集まるキューバ人
RIMG0274#.JPG

↓キューバの有名なカクテル、モヒート
 カイペリーニャと同じく暑いところには合う
RIMG0272#.JPG

その他、観光のメインと言えば革命博物館。
博物館らしからぬ建物のの中に、膨大な量ながら
地方の公民館の資料室のような展示が並んでいました。

↓フィデルがアメリカ軍を撃退したという戦車
RIMG0159#.JPG

↓こんなパネルもありました
RIMG0162#.JPG


キューバには見事なクラシックカーがいっぱい走っています。
かつて米国から輸入されたものの、
今では経済封鎖が行われており
残された車だけは修理を重ねながら使われています。
キューバ名物です。

↓たとえばこんなの
 詳しくは知らないけど、車好きは楽しいだろうな
RIMG0500#.JPG


旧市街には中華街もあります。
とはいえほとんど中国人はいなくて現地の人がやってるよう。
中華もあるけどキューバ料理もあるって感じです。

↓中華街
RIMG0176#.JPG

↓キューバ料理食べてみた
 脂がすごくて全部は食べきれず…
RIMG0177#.JPG


そんな感じでハバナ前半でした。
また続きは書きます…。

↓キューバと言えば葉巻
 とりあえず2本試しに買ってみた
RIMG0173#.JPG
posted by Yoshimochi at 13:03| Comment(4) | ハバナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。