2010年04月16日

キューバ回想 サンタ・クララ編

ハバナから3時間チョイ東へ向かったところに
サンタ・クララという町があります。
小さい町ですが、現代史の英雄エルネスト・チェ・ゲバラの
霊廟があり、多く観光客も訪れるところです。

ハバナの宿で紹介してもらったCASAに入り、町歩きへ。

↓CASA入口と主人のトマス
 ためしに聞いてみたら3CUP札をプレゼントしてくれた
 3CUPは札もコインもゲバラの肖像なんです
RIMG0216#.JPG

↓部屋はきれいだし、専用テラスもあります
RIMG0220#.JPG

↓首都ハバナにもいたけど
 この町はさらに馬車が一般的な交通手段として活躍してる
RIMG0202#.JPG


町の中心からバス・ターミナル方面へ30分も歩くと
左手に大きくモニュメントが見えてきます。
そこがゲバラ霊廟。
博物館も併設されていますが、
思ったより観光客少なかったなあ。

↓ゲバラ霊廟
RIMG0199#.JPG

↓ゲバラのモニュメント
 台座にはゲバラの言葉、
 「Hasta La Victoria Siemple」
RIMG0197#.JPG


再びセントロに戻って公園でのんびりしたり、
路地をうろついてみたり。

↓セントロの広場に長靴小僧…
RIMG0207#.JPG

↓颯爽と歩くキューバの学生
RIMG0233#.JPG

↓ここにもクラシック・カーいっぱい
RIMG0205#.JPG

↓道路で遊ぶ子供たち
RIMG0214#.JPG

↓レトロな車が並ぶ風景
RIMG0238#.JPG


町の反対の方へ歩いて行くと
線路があり、その脇にまたゲバラの立て看板。
かつてゲバラ率いる一隊18人が
サンタ・クララでバティスタ政権軍の装甲列車を奇襲し
一人の死者も出すことなく多くの政府軍を捕虜にした、
という歴史の場所だそうです。

↓車両を利用して展示
RIMG0234#.JPG


ゲバラ以外見るものもなさそうなサンタ・クララですが
CUP払いのレストランが何軒かあり、安くて美味い。
ハバナでは高いか味がいまいちか、
もしくは高くて味がいまいちかって感じでしたが、
その点この町はナイス。

↓牛肉のハムっぽいののサラダ仕立てみたいなやつ
 これとスープとビールで40CUPちょい
 スープはともかくこの牛のは美味しかった
 ちなみにビールはちょっと安い分、薄くて不味いやつ
RIMG0240#.JPG

↓夜になると一気に暗くなる町の裏路地で
 明るく光ってる建物があったので覗かせてもらった
 スカートみたいなのを縫ってたが、縫製の学校だそう
RIMG0226#.JPG


そんな感じでサンタ・クララでお墓参りを済ませ
再びハバナへ戻ったのでした。

posted by Yoshimochi at 00:13| Comment(4) | サンタ・クララ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。