2010年04月17日

キューバ回想 ビニャーレス編

現在カンクンを離れ、パレンケへ来ていますが
とりあえずキューバ回想の続きを先に…。


ハバナから今度は西へ約4時間。
ビニャーレスというところへ行ってきました。
カルスト地形の渓谷で風光明美な場所だそう。
渓谷の麓では、伝統的な農法によって
タバコなどが栽培されており、
その耕地が独特の景観を提示しています。

バス・ターミナルへ行く費用を考えると
近くのホテルに入ってる旅行代理店の
トランスポートを利用したほうがよさそうだったので
そうしたら、移動費しか払ってないのに
途中の町のたばこファクトリーなんかも見学できちゃいました。

↓途中で寄ったたばこ農家の畑
RIMG0317#.JPG

↓こんな風にして葉を乾燥させます
RIMG0315#.JPG


んで、今回のCASAは町はずれにあるカルメンとダニエルの家。
ナイスなホスピタリティと夕食の評判のいいところです。

↓CASA
RIMG0319#.JPG

↓ある日の夕食
 量がすごい!!
 おいしいけど味濃かったなあ…
 メイン(初日はスープも)はいつもカレー風味で
 おんなじ味付けだったのが残念…
RIMG0450#.JPG


初日は午後から歩いて展望台のあるところまで。

↓町の中心で野菜売りの露天
 ここは品ぞろえが豊富なほう
 ハバナの店なんか覗くと、物資不足の国の現状が見えて
 ジャガイモしか置いてない店とかもあったりで…
RIMG0325#.JPG

↓ビニャーレスの道
RIMG0327#.JPG

歩いて町の外れまで行くと、
のどかな農村風景が広がっていました。

↓のどかです
RIMG0333#.JPG

↓牛と渓谷の風景
RIMG0341#.JPG

↓町はずれで見かけたラウルの言葉を掲げた看板
 さすが社会主義国といった内容
 ほかにも革命の勝利を謳ったものや
 労働者を鼓舞するようなプロパガンダを
 いたるところで見かけました
RIMG0344#.JPG


翌日は自転車を借りてちょっと遠出。
まずは町の西方面へ。

↓道中、たばこ農家がちらほら
RIMG0367#.JPG

しばらく行くと小さなキャンプ場があり
その分岐を進んだところに大きな壁画があるってんで
行ってみましたが…

↓壁画
 これはどーなの??
 風景台無しじゃないでしょうか?
RIMG0371#.JPG

再びキャンプ場のところから馬車をチャーターして
山の奥の方まで行ってみました。

↓馬車の御者の家
 こんな山村にソーラーパネルがあるのは
 政府の政策か?
RIMG0415#.JPG

この家で馬車を降りてそこからは徒歩。
広大な敷地はこの御者の農場とのことでしたが、
農地として使われているのは一部で、
あとは自然に生えていたかのように
グァバやマンゴーの木があったり
豚、ヤギ、牛、馬などが適当に(?)飼ってあるって感じでした。

↓農地
 牛を使って田を耕す人
RIMG0383#.JPG

30分くらい歩いて別の農地の一軒の家を訪問。
家と言っても小屋がポツンとあるだけ。
そこの家でパイナップルのワインみたいなの飲ませてもらったり、
湧水のある洞窟へ連れてってもらったりしました。

↓小屋
 でもちらっと中見たら、テレビ・冷蔵庫はあったな
RIMG0392#.JPG

↓小屋の前には日本昔話みたいな風景が広がっています
RIMG0391#.JPG

↓洞窟へ案内してくれたセニョール
RIMG0403#.JPG

戻る途中に御者が人影のないところでおもむろに馬車をとめ
袋の中から何やら取り出しました。
出てきたのは葉巻で自分のところで作ってるのだと言ってましたが
1本=1CUCとまあ安いので2本買ってみました。
一応こういうの闇で売るのは違法なんだろうなあ…。


そこからいったんCASAへ戻って一休みして
さっき買った葉巻の味見をしてみたりして
午後は町の東側へ。
洞窟が2つあるようなのでそれを目指して行きました。
…と、突然パラパラと雨が落ち始めたかと思うと、一気に豪雨に。
こりゃいかんということで近くにあった
フルーツの無人販売所みたいなとこで雨宿り。

↓先客の子供二人
 写真撮るよって行ったら急に行儀良くなった
 バナナあげるよってキューバらしい
 極小のバナナをいくつもくれましたが
 それは他人の売り物だろ!
RIMG0421#.JPG

しばらくして雨はあがり、目的の洞窟へ行きましたが
ともにいまいち…。
2つ目の方は鍾乳洞の中の川をボートで通れて
そこはまあまあだったけど…。
でも同乗したキューバ人らしい親子は大はしゃぎでした。


そろそろ疲れてきたので散策は終了。
町へ戻りました。

↓町の通りの片隅に
 ホセ・マルティと革命の英雄たちのモニュメント
RIMG0446#.JPG

↓通りであったイメージ通りのキューバの人って
 感じのおっちゃん
 快く写真を撮らせてくれました
 胸ポケットにも葉巻、そして手にはマラカス
RIMG0447#.JPG

このおじちゃんはその夜演奏するバンドのメンバーだったようで
夜見に行ってみたけど別のグループしか見つかりませんでした…。


ビニャーレスはこんな感じ。
あとは残りのハバナ記を書くだけ!


posted by Yoshimochi at 06:57| Comment(2) | ビニャーレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。